2011年8月 8日 (月)

良寛詩

伊(これ)余疏傭の者、食を乞ふて此の地に遊ぶ、逢著すにょう(門に市)市の裡、一笑...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

由之と酒を飲み楽甚し 兄弟相逢ふ処、共に是れ白眉を垂る、且らく太平の世を喜び、日...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

医正藤江に代って人に答ふ 総て世用に疎きが為に、能く終身の間を得たり、艾をひね(...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

海津氏宅即事 田家風雨の後、り(竹かんむりに離)菊僅かに枝を存す、少婦濁酒を持し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

竹丘老人 故旧信(まこと)に忘れ難し、田家聊か錫を寄す、緑樹煙雨の中、燃えんと欲...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

天放老人 千峰凍雲合し、万径人跡絶えたり、毎日只面壁、時に聞く窓にそそ(さんずい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

暁に左一を送る 依稀たる藤羅の月、君を送って翆微を下る、今より朝又夕、寥寥柴扉を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

左一大丈夫、惜しい哉識る人稀なり、唯我れに贈るのげ(喝の口でなくイ)あり、一たび...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

有懐四首 鵬斉てき(イに周)党の士、何に由ってか此の地に来る、昨日にょう(門がま...

» 続きを読む

| | コメント (0)

良寛詩

我れ此の地に来たってより、知らず幾青黄、藤は老樹に纏はりて暗く、渓陰修竹長し。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«良寛詩